ウェディングプランナー 就職

ウェディングプランナーの就職したい人へ

ウェディングプランナーの華やかな一面が、ドラマや映画などで取り上げられ、憧れを抱き、ウェディングプランナーを目指す人がほとんどですが、実務は華やかな一面だけではありません。

新郎新婦やご両家ご両親にとっては、一生に一度の大きなセレモニーですし、費用も決して安価ではありません。そのため、どんなに小さな失敗であっても、決して許されない仕事です。また、お客様の都合で打ち合わせが急にキャンセルになったり、予定外の打ち合わせを依頼される事もあります。前例の無い依頼をされることもあるかもしれません。いろいろな事が重なると、感情的になってしまう事もあるかもしれませんが、プロのウェディングプランナーとしては、どんな事があっても、この方たちの幸せな姿を見るために、努力する事が常に求められるお仕事です。

華やかさとは正反対の事務作業上の「確認」も大切な仕事です。小さな確認ミスが大事にいたることも少なくないので、細心の注意をはらう必要があります。
激務であるといわれるウェディングプランナーは、体力はもちろん必要ですが、「デスクワークは苦手ですが、体力には自信があります」ではウェディングプランナーは務まらないのです。

また、激務に追われて、細かな気遣いを忘れてしまってもウェディングプランナーは務まりません。ウェディングプランナーが担当する結婚式は1件ではなく、1日に何件も担当する事もありますし、それが連日続く事もあるのです。
でも新郎新婦にとっては、たった一人のウェディングプランナーなので、新郎新婦から伝えられた細かな希望やお話なども全て覚えておかなければなりません。

例えば、結婚準備の為に、挙式の数ヶ月前から新婦が退職されるというお話を聞いていたとしましょう。それなのに、打ち合わせのたびに「今日はお仕事はお休みですか?」と何度も尋ねるようなことがあっては、「この担当者で大丈夫かしら?私たちのことを親身になってくれているのかしら?」と不安を与えてしまうのです。
些細な事かもしれませんが、このようなことだけで、ウェディングプランナーとしての力量を問われてしまうものなのです。

結婚という新たな生活を始めるのは、胸躍るものですが、それと同時に不安も抱えてしまうものです。ナイーブな状態になっている新郎新婦のお気持ちを晴れやかにして差し上げられるような、心配りも必要です。

ウェディングプランナーにとって、必要なスキルはたくさんありますが、細やかな心遣いができ、確認を怠らず、思いやりを忘れないことが必要です。

おすすめ!通信講座の資料請求サイト

通信講座

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

誰もが知ってるレッスンサイト!ケイコとマナブの審査に通った通信講座だけが集められていますので、どれを選んでもほぼ間違い無いです。自分にあった通信講座を見つけて下さい!まずはとにかく資料請求しまくろう!

⇒詳細はコチラから!

最短で資格取得!スクール資料請求はコチラ

レッスン

【ケイコとマナブ.net レッスン探し】

最短で資格を取得したいのであれば、やっぱりスクールが一番早いです。時間に余裕があるのであれば、スクールでいっきに知識と技術をみにつけて、資格取得をしてしまいましょうら!ウェディングプランナーへのもっとも近道を選ぶならケイコとマナブのスクールです!

⇒詳細はコチラから!