ウェディングプランナー 採用

ウェディングプランナーに採用されやすい人

《1,ブライダルの知識がある人、知識習得の意欲のある人》
ウェディングプランナーのお仕事は、とても人気があり、その就職状況は大激戦といえます。そのため、専門学校などでは専門のコースを設けている程です。しかし、ブライダル関連の専門学校を卒業されていなくても、全米ブライダルコンサルタント協会(以下、ABC協会)認定ブライダルプランナー検定合格者や、検定合格を目指している方も意欲を認められ採用時に考慮される事が多くなっています。

《2,ビジネスとして結婚式を成功させられる人、企画提案のできる人、協調性のある人》
ウェディングプランナーはホスピタリティ精神の旺盛な方に向いていますが、それだけではなく、きちんとビジネスとして結婚式を成功させることが求められます。
そのため、常に新しい視点から企画を提案できる力の人が採用時に考慮されます。
新卒採用時の入社試験では、グループディスカッションを取り入れている会社も多いですが、ここで、その力量を測られている事が多いです。周囲の意見を聞き、まとめていくことも忘れないようにしましょう。
結婚式はウェディングプランナー一人で成功させることのできるものではありません。主役である新郎新婦、ご両家ご両親、さらにご来賓の皆様に心から満足頂けるよう仲間と協力し、お客様と喜びや感動を分かち合える人間性がとても重要です。

《3,礼儀正しい人、心遣いのできる人》
中途採用の場合には、応募書類欄では「履歴書郵送」と書かれていることが多いですが、あいさつ文を同封しましょう。礼儀を重んじる業界ですので、評価につながることも多いでしょう。
ウェディングプランナーは、常に礼儀正しさや、細やかな心遣いを求められます。たかがあいさつ文ですが、その小さな行為が礼儀や心遣いを示す事につながります。

《4,プレゼンテーション能力の高い人、確認作業を怠らない人》
書類審査が一次試験になっていることが多いので、履歴書や職務経歴書の内容で、きちんと自分をアピールできているかを見直してみてください。プレゼンテーション能力もウェディングプランナーには必要なスキルです。
あと、誤字脱字も必ず確認しましょう。小さなミスも許されないお仕事なので、適性を判断されます。

《5,会話の上手な人、柔軟な対応力のある人》
採用試験で最も重要なのは面接試験です。専門的な質問の多いようですし、会話術も判断されます。意外な質問をされた時にも、余裕のある態度で対応することが必要でしょう。
結婚式では思いもよらない事が起こることもあるので、何事にも柔軟に対応することができるかどうかと判断されます。

上記のように、様々な事が、仕事を遂行する上で必要となる能力を反映していると考えられています。

おすすめ!通信講座の資料請求サイト

通信講座

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

誰もが知ってるレッスンサイト!ケイコとマナブの審査に通った通信講座だけが集められていますので、どれを選んでもほぼ間違い無いです。自分にあった通信講座を見つけて下さい!まずはとにかく資料請求しまくろう!

⇒詳細はコチラから!

最短で資格取得!スクール資料請求はコチラ

レッスン

【ケイコとマナブ.net レッスン探し】

最短で資格を取得したいのであれば、やっぱりスクールが一番早いです。時間に余裕があるのであれば、スクールでいっきに知識と技術をみにつけて、資格取得をしてしまいましょうら!ウェディングプランナーへのもっとも近道を選ぶならケイコとマナブのスクールです!

⇒詳細はコチラから!