ウェディングプランナー 心付け

ウェディングプランナーの心付けとは

「心付け」は、これまでお世話になった感謝の気持ちや、自分たちの幸せをお裾分けしたいという気持ちを表すために昔からある風習です。

結婚式場などでは、満足度に従ってその金額は異なると言われ、高額な心付けを頂ける担当者ほど、腕が良いとされていた時代もありましたが、今では、心付けを一切受取らないという方針の式場が増えています。

ただ、「ありがたいお申し出ですが、お心付けは頂かない方針ですので、お気持ちだけ賜ります」と新郎新婦やご両家ご両親にお伝えしても、幸せのお裾分けですのでと、強く受け取りを求められる事もあります。
その場合でも、式場の方針によって異なるでしょうが、あまり強く拒否の姿勢を表すのは失礼にあたると判断する場合もあり、ありがたく頂く事もあります。
しかし、結婚式が成功に至るのは、ご祝儀を渡された人だけの努力ではなく、スタッフ全員の努力によるものなので、一度回収し、均等に配布される事もあります。

必ず心付けのお申し出があるわけではありませんが、昔からある風習なので、これからも全くなくなってしまうものではないと思われます。式場の方針や、ウェディングプランナー自身の方針をしっかりと持ち、礼儀を欠くことなくその場を収められるように、日頃から練習をしておく方が良いでしょう。

おすすめ!通信講座の資料請求サイト

通信講座

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

誰もが知ってるレッスンサイト!ケイコとマナブの審査に通った通信講座だけが集められていますので、どれを選んでもほぼ間違い無いです。自分にあった通信講座を見つけて下さい!まずはとにかく資料請求しまくろう!

⇒詳細はコチラから!

最短で資格取得!スクール資料請求はコチラ

レッスン

【ケイコとマナブ.net レッスン探し】

最短で資格を取得したいのであれば、やっぱりスクールが一番早いです。時間に余裕があるのであれば、スクールでいっきに知識と技術をみにつけて、資格取得をしてしまいましょうら!ウェディングプランナーへのもっとも近道を選ぶならケイコとマナブのスクールです!

⇒詳細はコチラから!